極道は愛を謳う~心の鉄線で絡めて傷つけて~(4) ブックライブ 新しい 更新 電子書籍

極道は愛を謳う~心の鉄線で絡めて傷つけて~(4)無料試し読みコーナー


「いっそ嫌ってくれれば、俺だって諦めがつくのに…!」母親に対する義父の暴力に耐えきれずに家を飛び出した氷山雅仁は、ある事件をキッカケに「緋田組」というヤクザの元に身を置くことになる。しかしそこで同居する事になった幸誠は、よそ者の雅仁を快く思っておらず、その態度は冷たかった。一方、誠はクラスメイトから陰湿なイジメを受けており、ある日、その現場を雅仁は目撃してしまう。雅仁の機転で事態は収束するものの、誠のトラウマを契機として2人は体の関係を重ねるようになって行って…自らの被虐の性癖に苦しむ誠と、そんな彼を愛しながらも拒絶を恐れ踏み込めない雅仁。絡まった鉄線越しの愛の行方は…―――
続き・・・



極道は愛を謳う~心の鉄線で絡めて傷つけて~(4)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


極道は愛を謳う~心の鉄線で絡めて傷つけて~(4)「公式」はコチラから



極道は愛を謳う~心の鉄線で絡めて傷つけて~(4)


>>>極道は愛を謳う~心の鉄線で絡めて傷つけて~(4)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)極道は愛を謳う~心の鉄線で絡めて傷つけて~(4)評判


BookLive!(ブックライブ)の極道は愛を謳う~心の鉄線で絡めて傷つけて~(4)支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも極道は愛を謳う~心の鉄線で絡めて傷つけて~(4)電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも極道は愛を謳う~心の鉄線で絡めて傷つけて~(4)の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも極道は愛を謳う~心の鉄線で絡めて傷つけて~(4)支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、極道は愛を謳う~心の鉄線で絡めて傷つけて~(4)の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい極道は愛を謳う~心の鉄線で絡めて傷つけて~(4)が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな極道は愛を謳う~心の鉄線で絡めて傷つけて~(4)電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)極道は愛を謳う~心の鉄線で絡めて傷つけて~(4)あるある


漫画本などの書籍を購入しようと思ったときには、中身をざっくりと確認してから決める人の方が多いです。無料コミックなら、立ち読みするかのように内容を見るのも容易なのです。
CDをお試し視聴してから買い求めるように、コミックも試し読みして納得してから買うのが当たり前のことのようになってきたと言っても過言じゃありません。無料コミックを活用して、気にしていたコミックを探し出してみましょう。
コミックの購買者数は、だいぶ前から低減している状況なのです。似たり寄ったりなマーケティングは見直して、まずは無料漫画などを採り入れることで、新規顧客数の増大を狙っているのです。
BookLive「極道は愛を謳う~心の鉄線で絡めて傷つけて~(4)」の販促方法の1つとして、試し読みが可能という仕組みは画期的なアイデアではないかと思います。いつでもあらすじを確認することができるので、わずかな時間を有効に使用して漫画を選択することができます。
映画化で話題の漫画も、無料コミックだったら試し読みができます。スマホやPC上で読むことができちゃうので、誰からも隠しておきたい・見られると困るような漫画もこそこそと読むことができます。






作品極道は愛を謳う~心の鉄線で絡めて傷つけて~(4)の情報概要

                              
作品名 極道は愛を謳う~心の鉄線で絡めて傷つけて~(4)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
極道は愛を謳う~心の鉄線で絡めて傷つけて~(4)ジャンル 本・雑誌・コミック
極道は愛を謳う~心の鉄線で絡めて傷つけて~(4)詳細 極道は愛を謳う~心の鉄線で絡めて傷つけて~(4)(コチラクリック)
極道は愛を謳う~心の鉄線で絡めて傷つけて~(4)価格(税込) 162円
獲得Tポイント 極道は愛を謳う~心の鉄線で絡めて傷つけて~(4)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ