アンリ三世とその宮廷 ブックライブ 新しい 更新 電子書籍

アンリ三世とその宮廷無料試し読みコーナー


一般に日本でのフランス・ロマン主義の研究は手薄だが、なかでもアレクサンドル・デュマについての研究は皆無に等しい。デュマと言えば『三銃士』や『モンテ・クリスト伯』といった大衆娯楽作品の印象が強く、また数知れない代作者を使ったという理由で悪名も高い。また、その作品の全体について正確な総数すらわからないほどのいわば濫作者であったからよけいに始末が悪いのかもしれない。いったいどれだけ作品を出版したのだろうか。カルマン・レヴィー出版社が1920年に出したアレクサンドル・デュマ作品総カタログによる作品分類は以下の如くであった。(1)歴史小説および歴史研究128作品218冊(2)小説、短編、個人伝 41作品、64冊(3)回想録、閑談九作品、11冊(4)少年少女物語五作品、6冊(5)旅行記十八作品、35冊(6)戯曲66作品25冊。以上合計271作品、359冊アレクサンドル・デュマ協会のウェブサイトでは325作品がリストされている。また、個人のデュマ愛好家が作っているサイトによれば、すべての作品を取り混ぜて688作品としている。「誰もが皆デュマの話は聞いたことがあるし、彼の作品の何冊かは読んだことはあるが、彼の才能の大きさを意識している人はごく少ない。『アンリ三世』から一夜明けた日の彼の栄光はたくさんの妬み屋のしつこい中傷をひき起した。彼らの言を信じれば、デュマは先人を剽窃し、代作者たちに自分の作品を書かせた無知無学の人間ということになるだろう」(フェルナンド・バッサン)「『アンリ3世とその宮廷』を研究した人間はデュマの公式が一挙に分かる。彼はまことに多様な戯曲を書く。ところが本質的なものは最初の戯曲『アンリ三世』にある。つまり、民衆的な登場人物、地方色、変化、アクション、情念があるのだ。」(イポリット・パリゴー)この戯曲は、デュマ最初の本格的な五幕散文ドラマであり、スタンダールの理想の実現でもあり、ヴィクトル・ユゴーの『エルナニ』に先立つこと1年、ロマン主義演劇の最初の勝利を獲得した記念碑的作品でもある。時は1578年7月20日のことである。フランス国王アンリ3世の母、フィレンツェから亡き国王アンリ2世に嫁いだカトリーヌ・ド・メディシスと占星術師ルッジェリは、アンリ3世の寵臣サン=メグランがギーズ公爵の夫人に恋い焦がれていることを利用して、サン=メグランとギーズ公爵の両方から気弱な国王への影響力をそごうと画策する。カトリックとユグノーの殺し合いの宗教戦争の只中で、後にアンリ4世になるナヴァール王アンリを加えて3アンリの戦いと言われる時代である。ルッジェリは眠り薬で眠らせたギーズ公爵夫人とサン=メグランを引きあわせて二人が両思いであることを悟らせる。新教徒に対抗するカトリック同盟の盟主に自らなって、次期国王の座も狙おうとするアンリ・ド・ギーズのカトリック同盟に盟主の任命という性急な要求に、ブロワの三部会まで待てと諭すアンリ三世。事態は切迫していると反論するギーズ公。甲冑で登場したギーズ公が弾丸が飛んで来ても正面で受けてみせようと豪語するのを、サン=メグランが吹き矢筒でボンボンを命中させる。怒りに燃える両者の間で決闘が?
続き・・・



アンリ三世とその宮廷無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


アンリ三世とその宮廷「公式」はコチラから



アンリ三世とその宮廷


>>>アンリ三世とその宮廷の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)アンリ三世とその宮廷評判


BookLive!(ブックライブ)のアンリ三世とその宮廷支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもアンリ三世とその宮廷電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもアンリ三世とその宮廷の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもアンリ三世とその宮廷支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、アンリ三世とその宮廷の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいアンリ三世とその宮廷が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなアンリ三世とその宮廷電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)アンリ三世とその宮廷あるある


「電子書籍に抵抗感を持っている」という人も多数いるようですが、スマホを使って1回でも電子書籍を読んでみたら、その扱いやすさや購入の手間なし感から愛用者になる人が少なくないようです。
漫画や本を買い求めると、そのうち収納しきれなくなるという事態になります。だけれど書籍ではないBookLive「アンリ三世とその宮廷」であれば、保管に苦労することは一切ないので、楽に楽しめます。
「連載の形で定期的に発刊されている漫画を読むことが好きだ」とおっしゃる方にはいらないでしょう。されど単行本になるまで待ってから買うようにしていると言う人には、事前に無料漫画で内容を確かめられるのは、購入判断の助けになるはずです。
電子書籍の悪い点として、知らず知らずのうちに料金が跳ね上がっているということがあります。ところが読み放題の場合は毎月の利用料が一定なので、読み過ぎたとしても支払額が高額になるなどということはあり得ないのです。
電子書籍ビジネスには様々な企業が参入してきているので、必ず比較してから「どの電子書籍に登録するのか?」を決定するようにしたいものです。購入可能な書籍数やサービス、料金、使い心地などをリサーチするとうまく行くでしょう。






作品アンリ三世とその宮廷の情報概要

                              
作品名 アンリ三世とその宮廷
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
アンリ三世とその宮廷ジャンル 本・雑誌・コミック
アンリ三世とその宮廷詳細 アンリ三世とその宮廷(コチラクリック)
アンリ三世とその宮廷価格(税込) 540円
獲得Tポイント アンリ三世とその宮廷(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ