教養としてのゲーム史 ブックライブ 新しい 更新 電子書籍

教養としてのゲーム史無料試し読みコーナー


「名作」「傑作」とされるゲームはいったいどこがスゴかったのか。新しいゲームジャンルはどのように誕生するのか。──それは、ゲームの歴史を「アイディアの進化史」としてとらえることで見えてくる。『インベーダー』『ゼビウス』『スーパーマリオ』『ドラクエ』『ときメモ』『ラブプラス』……数々の歴史的作品は、「創造性」「大衆性」「技術とアイディアの関係」などについて、大きなヒントを与えてくれる。ゲームを「学ぶ」時代の幕明けだ。
続き・・・



教養としてのゲーム史無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


教養としてのゲーム史「公式」はコチラから



教養としてのゲーム史


>>>教養としてのゲーム史の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)教養としてのゲーム史評判


BookLive!(ブックライブ)の教養としてのゲーム史支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも教養としてのゲーム史電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも教養としてのゲーム史の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも教養としてのゲーム史支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、教養としてのゲーム史の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい教養としてのゲーム史が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな教養としてのゲーム史電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)教養としてのゲーム史あるある


電子書籍でしか漫画は買わないという人があきらかに増えてきています。携帯することも不要ですし、収納場所も必要ないというのが要因です。更に言えば、無料コミックに指定されているものは、試し読みもできます。
電子書籍の関心度は、一段と高くなっているのは間違いありません。こうした状況下において、利用者が増加傾向にあるのが読み放題というプランだと教えてもらいました。支払いを気にしなくて良いというのが大きなポイントです。
不要なものは捨て去るという考え方が少しずつに浸透してきた近年、漫画本も冊子本という形で保管せず、BookLive「教養としてのゲーム史」を使って読むようになった人が増加しています。
手に入れたい漫画は様々あるけれど、入手したとしても本棚がいっぱいでしまえないという人が増えているようです。だからこそ、収納場所を考慮しなくて良いBookLive「教養としてのゲーム史」利用者数が増えてきたというわけです。
コミックの売り上げは、だいぶ前から縮減しているとのことです。定番と言われている販売戦略にこだわらず、料金の発生しない無料漫画などを提案することで、新規ユーザーの獲得を狙っているのです。






作品教養としてのゲーム史の情報概要

                              
作品名 教養としてのゲーム史
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
教養としてのゲーム史ジャンル 本・雑誌・コミック
教養としてのゲーム史詳細 教養としてのゲーム史(コチラクリック)
教養としてのゲーム史価格(税込) 702円
獲得Tポイント 教養としてのゲーム史(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ