自分の戦場 ブックライブ 新しい 更新 電子書籍

自分の戦場無料試し読みコーナー


「不幸になってたまるか」癌の母親の面倒を見ている、二人の兄は頼りにならない、そして好きな女がいる… 勝った負けたと騒ぐじゃない。勝ち負けなど贅沢だ。俺は働きづめ、毎日が引き分けだ…。死病の母を世話し、好きな女との甘い暮らしを夢見る青年。その幸福になろうとする強い意志を骨太に描く「自分の戦場」(第2回すばる文学賞)のほか、「八月の光を受けよ」(第81回芥川賞候補)と「クレパスの金と銀」の中篇3本を収録。●吉川良(よしかわ・まこと)1937年、東京生まれ。芝高等学校卒、駒澤大学仏教学部中退。1978年『自分の戦場』で第2回すばる文学賞受賞。1979年『八月の光を受けよ』で芥川賞候補、『その涙ながらの日』で二度目の候補、1980年『神田村』で三度候補となった。1999年JRA馬事文化賞、ミズノスポーツライター賞優秀賞受賞。
続き・・・



自分の戦場無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


自分の戦場「公式」はコチラから



自分の戦場


>>>自分の戦場の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)自分の戦場評判


BookLive!(ブックライブ)の自分の戦場支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも自分の戦場電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも自分の戦場の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも自分の戦場支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、自分の戦場の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい自分の戦場が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな自分の戦場電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)自分の戦場あるある


漫画の通販ショップでは、概ね表紙とタイトルに加え、ざっくりとした内容しか見ることはできません。ですがBookLive「自分の戦場」サイトを利用すれば、数ページ分を試し読みで確認することができます。
スマホで閲覧することができるBookLive「自分の戦場」は、お出かけ時の荷物を軽減するのに役立つと言っていいでしょう。リュックの中に読もうと思っている本を入れて持ち運ぶようなことをせずとも、手軽に漫画をエンジョイすることができるわけです。
書店では、スペースの関係で陳列することが可能な書籍数に制約が出てしまいますが、BookLive「自分の戦場」であればこの手の制約がないため、オタク向けのコミックもあり、人気を博しているのです。
コミックサイトの一番のセールスポイントは、扱っている本の数が半端なく多いということではないでしょうか?売れずに返本扱いになる心配がない分、多数の商品を置けるのです。
残業が多くアニメを見る時間的余裕がないという社会人にとっては、無料アニメ動画がもってこいです。テレビ放映のように、決まった時間に見る必要がありませんから、寝る前の時間などに視聴可能です。






作品自分の戦場の情報概要

                              
作品名 自分の戦場
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
自分の戦場ジャンル 本・雑誌・コミック
自分の戦場詳細 自分の戦場(コチラクリック)
自分の戦場価格(税込) 486円
獲得Tポイント 自分の戦場(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ