迫る大学の二〇一八年問題10分で読めるシリーズ ブックライブ 新しい 更新 電子書籍

迫る大学の二〇一八年問題10分で読めるシリーズ無料試し読みコーナー


さっと読めるミニ書籍です(文章量9,000文字以上 10,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の18ページ程度)【書籍説明】「大学の二〇一八年問題」という言葉をご存知だろうか。現在、ほぼ横ばいで推移している日本の十八歳人口が二〇一八年から、再び急激な減少に転じることを意味する。十八歳人口は戦後のベビーブームで生まれた団塊の世代が十八歳に達した一九六六年にピークを迎えたあと、減少に転じたが、大学進学率が伸び続けたため、逆に大学数は増えてきた。しかし二〇一八年以降、大幅に十八歳人口が減れば、多くの大学が経営危機を迎えかねない。二〇〇〇年代に入り、地方を中心に私立大学の廃校、募集停止が相次いでいる。定員割れから経営ピンチに陥る大学も後を絶たない。経営危機の地方大学の中には、地方自治体に救いを求め、公立化を目指すところが目立ってきた。文部科学省も私立大の統廃合を視野に入れ、私立大のあり方を考える有識者会議を設立、対応検討に入っている。人口減少と少子高齢化という社会構造の変化から、大学淘汰の時代が始まろうとしているわけだ。岐路に立たされた日本の大学はどうなるのだろうか。【目次】手放しで喜べない私立大の公立化山口東京理科大もギブアップして公立化既に七校が公立化、救済を求めるところも続々と公立化が無理なら待っているのは閉校相次ぐ私立大の閉校、吸収合併私立大の四割、短大の六割が定員割れ経営規模の縮小はやむを得ない措置十八歳人口のピークは高度成長期の一九六六年一部のブランド私立大が志願者を独占追い込まれた地方にとり、大学が頼みの綱文科省が私立大のあり方を見直す有識者会議設立補助金不交付基準の厳格化もスタート地方創生関係学部、学科の新設がブームに文科省が大学を魅力ある存在に変える事業に着手【著者紹介】高田泰(タカダタイ)一九五九年、徳島県生まれ。関西学院大学卒業。地方新聞社で文化部、社会部、政経部記者を歴任したあと、編集委員を務め、年間企画記事、こども新聞などを担当した。二〇一五年から独立し、ウェブニュースサイトなどでフリージャーナリストして活動している。徳島県在住。
続き・・・



迫る大学の二〇一八年問題10分で読めるシリーズ無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


迫る大学の二〇一八年問題10分で読めるシリーズ「公式」はコチラから



迫る大学の二〇一八年問題10分で読めるシリーズ


>>>迫る大学の二〇一八年問題10分で読めるシリーズの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)迫る大学の二〇一八年問題10分で読めるシリーズ評判


BookLive!(ブックライブ)の迫る大学の二〇一八年問題10分で読めるシリーズ支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも迫る大学の二〇一八年問題10分で読めるシリーズ電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも迫る大学の二〇一八年問題10分で読めるシリーズの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも迫る大学の二〇一八年問題10分で読めるシリーズ支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、迫る大学の二〇一八年問題10分で読めるシリーズの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい迫る大学の二〇一八年問題10分で読めるシリーズが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな迫る大学の二〇一八年問題10分で読めるシリーズ電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)迫る大学の二〇一八年問題10分で読めるシリーズあるある


多くの書店では、スペース上の問題で取り扱える漫画の数が限られてしまいますが、BookLive「迫る大学の二〇一八年問題10分で読めるシリーズ」の場合はそういう限りがないため、ちょっと前に発売されたタイトルも少なくないのです。
買う前に試し読みをして漫画のイラストや中身を把握した上で、心配せずに購入することができるのが、気軽にアクセスできるWeb漫画の長所です。予め内容を知れるのでお金を無駄にしなくて済みます。
多岐にわたる書籍を多く読みたいという読書大好き人間にとって、大量に買うのは金銭的負担が大きいに違いありません。だけども読み放題というプランなら、利用料を抑制することができてしまいます。
他の色んなサービスに打ち勝って、近年無料電子書籍というものが大衆化してきている理由としては、普通の本屋が姿を消してしまったということが挙げられるでしょう。
コミックブックと言うと、「中高生向けに作られたもの」というイメージがあるかもしれません。しかしながら最近のBookLive「迫る大学の二〇一八年問題10分で読めるシリーズ」には、壮年期の人が「子供の頃を思い出す」と言われるような作品もたくさんあります。






作品迫る大学の二〇一八年問題10分で読めるシリーズの情報概要

                              
作品名 迫る大学の二〇一八年問題10分で読めるシリーズ
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
迫る大学の二〇一八年問題10分で読めるシリーズジャンル 本・雑誌・コミック
迫る大学の二〇一八年問題10分で読めるシリーズ詳細 迫る大学の二〇一八年問題10分で読めるシリーズ(コチラクリック)
迫る大学の二〇一八年問題10分で読めるシリーズ価格(税込) 322円
獲得Tポイント 迫る大学の二〇一八年問題10分で読めるシリーズ(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ