永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たち ブックライブ 新しい 更新 電子書籍

永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たち無料試し読みコーナー


NHKドキュメンタリー「目撃! 日本列島」でも放映されて、話題となった群馬の古希野球チームの強豪「西毛安中クラブ」に密着!メンバーは全員70歳以上で、そのほとんどがガンや脳動脈瘤、糖尿病、心筋梗塞など重度の持病を抱えているが、試合中のプレーは真剣そのものだ。全力疾走にヘッドスライディング……、プレー中に亡くなった人も一人や二人ではない。文字通りの“命懸け”の野球――。そして取材を進めている最中に、いつも冗談ばかり言って周囲を笑わせ、明るく元気だった一人が、突如帰らぬ人に……。旅立ちの日の直前、病室で最期に口にした、尽きることない野球への想いとは――。「……ハァハァ……編集長さぁ……9回裏2アウトになっちゃったよ」木村監督らしい表現だった。「下半身には転移はしてねぇよ……上半身全部だ」一言一句、聞き漏らすまいと耳をそばだてた。「一時間後にゃあ、意識が混濁しちゃって、なんてこともあるわけだからさ……話しておきたいと思ってさ……ハァハァ……取材、してくれよ」仕事をしろ! 僕はレコーダーをテーブルに置き、録音ボタンを押した。編集長が笑顔で、努めて明るい口調で言った。でも、声は細かく震えていた。「監督っ! もう一度、グラウンド、立ちたいでしょう! 」木村監督はそれには答えず、代わりに胸の前で、両方の人差し指を交差させ、バッテンを作った。なんすか、それ……。監督、なんですか、それは。なにがバッテンなんですか!「……ハァハァ……それは、言わないでくれよ……」木村監督の乾いた目尻を、一筋の涙が潤した。しかし、深く刻まれた皺の溝に溜まって、流れ落ちずに留まった。ついさっきの「思い残すことはねぇんだ」とは全然違う。その涙はどうしようもなく、本物だった。いつも冗談の合間に本音を差し込んでくる監督が、大好きな大好きな野球のことに触れられた瞬間、まるで無防備に涙を流したのだ。それほどまでに野球が――。本文よりなぜ、70代にしてそこまで野球を愛し、命懸けで白球を追いかけるのか!?その理由に迫り、生命の意味をも問う、涙と感動のノンフィクション!!
続き・・・



永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たち無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たち「公式」はコチラから



永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たち


>>>永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たちの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たち評判


BookLive!(ブックライブ)の永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たち支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たち電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たちの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たち支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たちの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たちが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たち電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たちあるある


老眼になったせいで、目から近いところが見えづらくなってきたという読書家にとって、スマホ上で電子書籍を閲覧することができるようになったというのはすごいことなのです。フォントサイズを調整すれば、劇的に読みやすくなるからです。
アニメという別世界に思いを馳せるというのは、ストレスを発散するのに凄く効果があると言えるでしょう。複雑怪奇な内容よりも、明るくて分かりやすい無料アニメ動画などがおすすめです。
小学生時代に繰り返し読んだ往年の漫画も、BookLive「永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たち」として読めるようになっています。書店では買うことができないようなタイトルもたくさん見られるのが利点です。
電子書籍でしか漫画は買わないという方が増えてきています。持ち運ぶことも不必要ですし、収納場所も必要ないというのが主な要因です。更に言えば、無料コミックサービスもあるので、試し読みもできます。
読んだあとで「自分が思っていたよりもつまらなかった」と嘆いても、漫画は交換してもらうことは不可能です。でも電子書籍ならあらかじめ試し読みすることが可能なので、このような失敗をなくすことができるというわけです。






作品永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たちの情報概要

                              
作品名 永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たち
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たちジャンル 本・雑誌・コミック
永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たち詳細 永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たち(コチラクリック)
永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たち価格(税込) 1620円
獲得Tポイント 永遠の野球少年 古希野球に命を懸ける70代の“球児”たち(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ