日本の城 ブックライブ 新しい 更新 電子書籍

日本の城無料試し読みコーナー


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。歴史ロマンの宝庫である、城。巻頭では天下とりに挑んだ戦国大名たちの城を、ビジュアルでダイナミックにご案内します。安土城(織田信長)をはじめ、駿府城(今川義元)、武田氏館(武田信玄)、春日山城(上杉謙信)、広島城(毛利輝元)、岐阜城(斎藤道三)、仙台城(伊達政宗)、岡豊城(長宗我部元親)、小田原城(北条早雲)、大坂城(豊臣秀吉)、江戸城(徳川家康)。また築城当時の天守が現存する12の城(姫路城、松本城、彦根城、犬山城、弘前城、丸岡城、丸亀城、松山城、備中松山城、松江城、宇和島城、高知城)や、一生に一度は訪れたい名城、約80城を紹介。コラム「姫君と城」では、岩村城の女城主・お直の方、二度の落城を経験した信長の妹・お市の方など女性のドラマも。築城で高名な三大大名(加藤清正、藤堂高虎、黒田如水)、映画「火天の城」でも話題の岡部又右衛門などの築城名人紹介、プロによる城の見方・歩き方ガイド、東西の違いがわかる築城マップなどで城めぐりがもっと楽しくなります!
続き・・・



日本の城無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


日本の城「公式」はコチラから



日本の城


>>>日本の城の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)日本の城評判


BookLive!(ブックライブ)の日本の城支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも日本の城電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも日本の城の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも日本の城支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、日本の城の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい日本の城が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな日本の城電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)日本の城あるある


鞄などを持ち歩くことを嫌う男の人にとって、スマホで無料電子書籍に夢中になれるというのはとても便利なことです。荷物の量は変わらないのに、ポケットにインして書籍を持ち歩けるわけなのです。
BookLive「日本の城」から漫画を買えば、部屋の一角に本棚を準備する事は不要です。最新刊が発売になってもお店に通う必要も無くなります。このような利点から、サイトを利用する人が増加傾向にあるのです。
「自分の部屋に置けない」、「所持していることもヒミツにしておきたい」という感じの漫画でも、BookLive「日本の城」を有効利用すれば誰にも非公開のまま読み続けられます。
使用する人が急に増えてきたのが無料のBookLive「日本の城」です。スマホだけで漫画を味わうことが簡単にできるので、カバンに入れて本を携行することも不要で、外出時の荷物を軽減することができます。
漫画をたくさん読みたいのなら、コミックサイトが一押しです。支払方法も簡単ですし、新刊を買い求めたいがために、労力をかけてお店に行って事前予約を入れることも不要になります。






作品日本の城の情報概要

                              
作品名 日本の城
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
日本の城ジャンル 本・雑誌・コミック
日本の城詳細 日本の城(コチラクリック)
日本の城価格(税込) 1360円
獲得Tポイント 日本の城(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ