遥かな町へ ブックライブ 新しい 更新 電子書籍

遥かな町へ無料試し読みコーナー


▼第1話/彼方への扉▼第2話/14歳▼第3話/ふたたびの春▼第4話/軽いめまい▼第5話/時の空▼第6話/父の領分▼第7話/心の風景▼第8話/見知らぬ位牌▼第9話/父と母▼第10話/恋のゆくえ▼第11話/美しき女(ひと)▼第12話/幸せな家族▼第13話/夏の情景▼第14話/父を待つ▼第15話/それぞれの心象▼第16話/時の旅人●主な登場人物/中原博史(48歳のサラリーマン。34年前の中学生時代にタイムスリップしてしまう)●あらすじ/48歳の会社員・中原博史が、京都出張の帰路にふらっと乗った列車。それは自宅のある東京へ向かう新幹線ではなく、故郷・倉吉へ向かう特急列車だった。だが、なんとなく途中で戻る気にもなれず、結局故郷にたどり着いた彼は、死んだ母の菩提寺へと足を運ぶ。母の墓前で突如激しい目まいに襲われた博史が気がつくと、なんと中学生の姿に戻っていて…(第1話)。●本巻の特徴/34年の時を越え、中学生時代の故郷・倉吉にタイムスリップした博史。最初の戸惑いにも徐々に慣れ、かつて憧れていた少女と二度目の青春時代を楽しみ始める。だが、まもなく父が家族を捨て、失踪してしまう「事実」を思い出した博史は、これを思いとどまらせようと決意するのだが…。谷口ジローの名作シリーズが、リニューアル版全1巻で再刊行!●その他の登場人物/中原和江(博史の母。34年前に夫に失踪され、22年前に48歳で他界)、中原京子(博史の3歳違いの妹。20歳のとき結婚している)、永瀬智子(中学生時代の博史の級友。男子の憧れ的存在)、島田大介(中学生時代の博史の悪友)
続き・・・



遥かな町へ無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


遥かな町へ「公式」はコチラから



遥かな町へ


>>>遥かな町への詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)遥かな町へ評判


BookLive!(ブックライブ)の遥かな町へ支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも遥かな町へ電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも遥かな町への料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも遥かな町へ支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、遥かな町への冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい遥かな町へが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな遥かな町へ電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)遥かな町へあるある


コミックサイトの最大の魅力は、扱っている冊数がとてつもなく多いということだと考えます。在庫が残る心配がないということで、多岐に及ぶ商品をラインナップできるわけです。
新刊が出るたびに書店で買い求めるのは不便です。そうは言っても、一気買いは面白くもなんともなかった時の金銭的・精神的ダメージが大きいです。BookLive「遥かな町へ」は読む分だけ買えるので、その辺の心配が不要です。
重度の漫画好きな人にとって、コレクショングッズとしての単行本は大切だということは承知しているつもりですが、「読めればそれで十分」という人の場合は、スマホで読むことのできるBookLive「遥かな町へ」の方をおすすめしたいと思います。
CDをちょっとだけ聞いてから買うように、コミックも試し読みして納得してから購入するのが当然になってきたように感じます。無料コミックをうまく活用して、読みたいと思っていた漫画をチェックしてみて下さい。
BookLive「遥かな町へ」を満喫したいなら、スマホが最適です。デスクトップパソコンは持ち運ぶことができませんし、タブレットもバスとか電車内などで閲覧するというような時には、大きすぎて使えないと言えます。






作品遥かな町への情報概要

                              
作品名 遥かな町へ
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
遥かな町へジャンル 本・雑誌・コミック
遥かな町へ詳細 遥かな町へ(コチラクリック)
遥かな町へ価格(税込) 1080円
獲得Tポイント 遥かな町へ(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ