主体性とは何か? ブックライブ 新しい 更新 電子書籍

主体性とは何か?無料試し読みコーナー


実存主義哲学者としてはもちろん「左翼」の精神的支柱として有名な著者による、待望の新刊。サルトルが1961年の12月にローマのグラムシ研究所で行なった講演(「マルクス主義と主体性」)がついに刊行された。フランス語では長らく未刊であったが、講演のみならず、その後の討議録もあわせて収録(フレドリック・ジェイムソンによる巻末の解説も秀逸)。サルトルは、1940年代の後半に『存在と無』にもとづいて具体的倫理学を構想したものの、頓挫し、その草稿は『倫理学ノート』の形で残された。一方、1960年に刊行された『弁証法的理性批判』第一巻における歴史や社会に関する基礎的考察を経て、1960年代に入って構想されたのが「第二の倫理学」であり、『主体性とは何か』は、その序論部分に相当するものといえる。マルクス主義においては客観性が重視され、主体性が蔑ろにされがちだが、各人の行為において重要なのは「主体性の問題」であるというのがサルトルの基本的スタンスであり、本書では、仮想敵としてルカーチをとりあげてゆく――。マルクス主義哲学からバタイユやドゥルーズの問題系へとつながる、主体性をめぐる幻の講演録!
続き・・・



主体性とは何か?無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


主体性とは何か?「公式」はコチラから



主体性とは何か?


>>>主体性とは何か?の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)主体性とは何か?評判


BookLive!(ブックライブ)の主体性とは何か?支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも主体性とは何か?電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも主体性とは何か?の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも主体性とは何か?支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、主体性とは何か?の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい主体性とは何か?が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな主体性とは何か?電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)主体性とは何か?あるある


スマホの利用者なら、読みたいときに漫画の虫になることが可能なのが、コミックサイトの売りです。1冊単位で購入するスタイルのサイトや毎月固定料金のサイトなど諸々あります。
人気の無料コミックは、スマホやパソコンで読むことが可能なのです。電車などでの通勤中、会社の休憩中、医療機関などでの順番を待たされている時間など、何もすることがない時間に超簡単に読むことが可能なのです。
漫画が何より好きなのを他人に知られたくないという人が、昨今増加しているらしいです。自宅には漫画は置いておくことができないといった事情があっても、BookLive「主体性とは何か?」を使えば誰にもバレずに漫画がエンジョイできます。
内容が分からない状態で、パッと見た印象だけで漫画を購読するのは冒険だと言えます。いつでも試し読みができるBookLive「主体性とは何か?」ならば、大まかな内容を精査した上で買うかどうかの判断ができます。
「連載という形で販売されている漫画を買い求めたい」という人には無用なものです。だけど単行本になるのを待って買うようにしている方々からすると、単行本購入前に無料漫画にて中身を確認できるのは、本当に有益なことだと思います。






作品主体性とは何か?の情報概要

                              
作品名 主体性とは何か?
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
主体性とは何か?ジャンル 本・雑誌・コミック
主体性とは何か?詳細 主体性とは何か?(コチラクリック)
主体性とは何か?価格(税込) 2268円
獲得Tポイント 主体性とは何か?(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ