蒼眸のバラード 第二部◆野望編 (2) ブックライブ 新しい 更新 電子書籍

蒼眸のバラード 第二部◆野望編 (2)無料試し読みコーナー


伝説のハードボイルド・ロマン第二部が電子コミックで誕生!1985年、日本最大級と言われる「山一抗争」の真っ最中に連載が開始された本作。裏の世界を舞台に、綿密な取材に基づきリアルさを追求したハードボイルド・ロマン。掲載誌には、数多くの本物たちからさまざまな声が寄せられた本作。単行本化されていなかった「第二部■野望編」が電子書籍で遂にコミックス化!畑中は早くからその器量、実績によって次期会長と目されていた。総裁・創本雄吉の養子となり、名実ともに創雄会二代目を継承した。新しい代紋頭のもと、一艘の組織維持・拡大を狙い、内部の陣容を刷新。そんな折、事業のために子分を見捨てようとする親分を持つ、畑中の兄弟分の梅地が、組織存続のため任侠道から外れる“親殺し”を決行する。残された組員の将来を憂い、全組員を畑中に託し、警察へ出頭した。梅地の頼みとは言え、無血で獣王組の縄張りを手に入れ、創雄会は徐々に勢力を拡大し、その地位を盤石なものとしていくのであったが……。
続き・・・



蒼眸のバラード 第二部◆野望編 (2)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


蒼眸のバラード 第二部◆野望編 (2)「公式」はコチラから



蒼眸のバラード 第二部◆野望編 (2)


>>>蒼眸のバラード 第二部◆野望編 (2)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)蒼眸のバラード 第二部◆野望編 (2)評判


BookLive!(ブックライブ)の蒼眸のバラード 第二部◆野望編 (2)支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも蒼眸のバラード 第二部◆野望編 (2)電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも蒼眸のバラード 第二部◆野望編 (2)の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも蒼眸のバラード 第二部◆野望編 (2)支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、蒼眸のバラード 第二部◆野望編 (2)の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい蒼眸のバラード 第二部◆野望編 (2)が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな蒼眸のバラード 第二部◆野望編 (2)電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)蒼眸のバラード 第二部◆野望編 (2)あるある


「出先でも漫画が読めたらいいな」と思う人に向いているのがBookLive「蒼眸のバラード 第二部◆野望編 (2)」なのです。その日に読みたい本を運搬することもないので、荷物そのものも減らすことができます。
一般的に書籍は返品することができないので、内容を把握してから購読したい人にとっては、試し読みで内容が確認できる無料電子書籍は非常に重宝するはずです。漫画も中身をチェックしてから購入できるのです。
「電子書籍に抵抗がある」という方も稀ではないようですが、スマホを使って1回でも電子書籍を読んでみれば、その便利さや購入の簡単さから抜け出せなくなる人が多いらしいです。
無料電子書籍を閲覧することにすれば、暇過ぎてただ時間だけが過ぎていくなんてことがなくなるのではないでしょうか?仕事の休憩時間とか通勤途中などでも、十分楽しむことができると思います。
サービスの細かな点に関しては、提供会社によって変わります。そんな訳で、電子書籍をどこで買うのかというのは、当然比較して考えるべきだと言えるでしょう。軽い感じで決定すると後悔します。






作品蒼眸のバラード 第二部◆野望編 (2)の情報概要

                              
作品名 蒼眸のバラード 第二部◆野望編 (2)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
蒼眸のバラード 第二部◆野望編 (2)ジャンル 本・雑誌・コミック
蒼眸のバラード 第二部◆野望編 (2)詳細 蒼眸のバラード 第二部◆野望編 (2)(コチラクリック)
蒼眸のバラード 第二部◆野望編 (2)価格(税込) 540円
獲得Tポイント 蒼眸のバラード 第二部◆野望編 (2)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ