スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今” ブックライブ 新しい 更新 電子書籍

スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”無料試し読みコーナー


「今までのように、プロデューサーとディレクター、コピーライターとアートディレクター等々、対峙して職種を考える時代は終わったのではないでしょうか」(本文より) すべてのメディアを飲み込んでしまったデジタル・テクノロジー。デジタルメディアの中心は驚異的なスピードで遷移していく。バナー、ウェブサイト、ムービー、アプリ、SNS、そしてロボットと。もはや既存の手法や考え方が通用しない。メディアは、表現は、モノづくりはどうなるのか。この環境のなかで何をどう表現すればよいのか。デジタルの広告クリエイティブ職として数々の世界的アワードを受賞しながらも広告代理店を辞し、アーティストやテクノロジストとのコラボレーションを展開する等の異色の活躍を続ける著者。本作では、テクノロジーと表現の現状、そしてその先に待つものを伝えつつ、テクノロジーを軽やかに身に纏い新たな表現を創り出す「スーパードットなひと」になるための考え方、在り方、発想法を示す。本作を通じて自分自身を再定義できれば、メディアの形を問わず、人の心を動かす最も大切なものに近づくことができるはず。【目次】●枠を設けることが意味を為さない時代 ●メディアはメッセージ ●クリエイティブ試験不合格のクリエイティブ・ディレクター ●答えは、ひとつじゃない ●メディアと表現は常に変化し続ける ●イデアとエグゼキューション ●クリエイティブとは問題を提起すること ●究極のプロジェクションマッピングとは ●リアルとバーチャルは対義語ではない ●新しい広告のヒントは広告祭を見に行っても見つからない ●メディアのコンディションを疑うこと ●再定義のための発想法 ●コミュニケーションデザインとは何か ●サイトスペシフィックな島 ●体験デザインってなんだ ●これからのデジタルテクノロジーが向かう先 ●ストーリーテリングの力を見くびるな [本書について]本書は、山口哲一氏がオーガナイザーを務める「ニューミドルマン養成講座第5期」の講義内容をもとにしつつ、それを新たに書き起こし電子書籍化したものです。
続き・・・



スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”「公式」はコチラから



スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”


>>>スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”評判


BookLive!(ブックライブ)のスーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもスーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもスーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもスーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいスーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなスーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”あるある


スマホで見る電子書籍は、ご存知かと思いますがフォントサイズを自分用に調節することが可能ですので、老眼のせいで読書を敬遠してきたおじいさん・おばあさんでもスラスラ読めるというメリットがあるのです。
漫画の通販ショップでは、大概表紙とタイトル、それにちょっとした話の内容しか見ることができないわけです。ですがBookLive「スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”」サイトの場合は、数ページ分を試し読みすることもできるのです。
子供だけではなく大人も無料アニメ動画を楽しんでいるようです。何もすることのない時間とか電車で移動中の時間などに、簡単にスマホで楽しむことができるというのは、本当に重宝するはずです。
講読者数の伸び悩みが叫ばれるようになって久しいですが、電子書籍は今までとは違う仕組みを採用することによって、新規登録者を着実に増やしています。今までになかった読み放題という利用方法が起爆剤になったのです。
漫画の虫だという人からすると、コレクションのための単行本は価値があるということに異論はありませんが、「読めればそれで十分」という人だとすれば、スマホで見れるBookLive「スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”」の方がいいでしょう。






作品スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”の情報概要

                              
作品名 スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”ジャンル 本・雑誌・コミック
スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”詳細 スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”(コチラクリック)
スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”価格(税込) 540円
獲得Tポイント スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ