インターネットで死ぬということ ブックライブ 新しい 更新 電子書籍

インターネットで死ぬということ無料試し読みコーナー


すべての世界で、誰かに愛されたい。炎上騒動、自殺未遂、そして復活への覚悟。「一点の汚れもない」自分でいたかった――その泥沼は、どうすれば抜け出せるのか?自身の「居場所」と向き合った、異色の自伝的エッセイ。何気ない、悪意のない一言が、なぜ怒りを買ってしまうのか?2014年、大学に通いながら潜入調査をして執筆した『キャバ嬢の社会学』で鮮烈なデビューを果たした社会学者・北条かや。しかし、その2年後、twitterの炎上騒動から自殺未遂をし、休業を余儀なくされた。これまでに読んだ社会学の本の論点と重ね合わせながら、「評価経済社会」のなかで悪戦苦闘した体験を赤裸々に描く。私はインターネットをやめることができなかった。あげくの果てに、ネットでの評判を気に病み、みずからの命を絶とうとした。いったい何が悪かったのだろう。誰のせいだろう。この「炎上」による傷も、すべて「自己責任」だろうか。いまだにわけがわからないまま、日々をしのいでいる。インターネットの泥沼は深くてなかなか抜け出せない。まだもがいている私の姿を見てほしいと思ってこの本を書いた。インターネットで殺されないために。(「はじめに」より)
続き・・・



インターネットで死ぬということ無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


インターネットで死ぬということ「公式」はコチラから



インターネットで死ぬということ


>>>インターネットで死ぬということの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)インターネットで死ぬということ評判


BookLive!(ブックライブ)のインターネットで死ぬということ支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもインターネットで死ぬということ電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもインターネットで死ぬということの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもインターネットで死ぬということ支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、インターネットで死ぬということの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいインターネットで死ぬということが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなインターネットで死ぬということ電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)インターネットで死ぬということあるある


お店で売っていないであろう少し前に流行った作品も、電子書籍なら見つかります。無料コミックのラインナップには、中高年層がずいぶん前に楽しんだ漫画が含まれていることもあります。
本の購入代金というものは、1冊単位の値段で見れば高くはないかもしれませんが、たくさん買ってしまうと、月々の利用料金は膨らんでしまいます。読み放題だったら固定料金なので、支出を抑えられます。
漫画好きな人には、コミックサイトが便利だと言えます。購入する際の決済も簡便ですし、最新コミックを買い求めたいがために、あえて売り場で事前予約を入れる必要もありません。
BookLive「インターネットで死ぬということ」のサイトによってまちまちですが、1巻全てのページを料金不要で試し読み可能というところも存在しているのです。1巻を読破して、「楽しいと思ったら、次巻以降をお金を払って購入してください」という販売システムです。
「外出中であっても漫画を手放したくない」という人にピッタリなのがBookLive「インターネットで死ぬということ」だと思います。荷物になる書籍を持ち運ぶことが不要になり、バッグの中の荷物も重くなることがありません。






作品インターネットで死ぬということの情報概要

                              
作品名 インターネットで死ぬということ
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
インターネットで死ぬということジャンル 本・雑誌・コミック
インターネットで死ぬということ詳細 インターネットで死ぬということ(コチラクリック)
インターネットで死ぬということ価格(税込) 1188円
獲得Tポイント インターネットで死ぬということ(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ